気管支喘息の原因と治療

1)気管支喘息の症状
 呼吸困難の発作ですが、咳だけの場合(咳喘息)もあります。

 

2)気管支喘息の原因
 ・アレルギー:アレルギー体質で副交感優位タイプに発症し易い傾向があります。


 ・気道の感染:風邪などが誘因となって発作が出現することがあります。

 

  アトピー性喘息と感染性喘息に分類する考え方がありますが、多くは両方の要素があると考えて治療してます。
 
  東洋医学的には脾虚・腎虚・お血・痰飲など複数の病証が合併しているケースが多いです。

 

3)気管支喘息の治療
 非発作時
  体質傾向の改善−脾虚・腎虚・お血・痰飲などを改善する治療を行ないます。
  風邪の予防−脾虚・肺虚などを改善する治療を行ないます。

 

 発作時
  呼吸困難の緩和−収縮した気管支を拡張する目的で洞刺などを行ないます。
  気道の感染症状の軽減−孔最・照海などの施灸が有効です。

 

 *気管支喘息では予防(発作が出現しなくなるようにすること)が重要です。
  体質が改善し、風邪をひきにくくなれば良くなります。