神経痛の原因と治療

1)神経痛の症状と種類
 神経の走行に沿って発作的に放散する痛みが出現します。

 

 三叉神経痛−顔面部に痛みが出現するものです。洗顔・歯磨きなどで発作が誘発されることがあります。


 肋間神経痛−胸背部に痛みが出現するものです。


 坐骨神経痛−殿部から下肢後側に痛みが出現するものです。寒冷で痛みが増悪するケースが多いようです。

 

2)神経痛の原因
 三叉神経痛−@特発性−原因不明のもの、A症候性−頭蓋内の動脈の圧迫によるもの


 肋間神経痛−@特発性−原因不明のもの、A症候性−胸椎の変形・腫瘍、胸椎椎間板ヘルニア、帯状疱疹などによるもの


 坐骨神経痛−@特発性−原因不明のもの、A症候性−腰椎椎間板ヘルニア・変形性脊椎症などによるもの

 

3)神経痛の治療
  神経の領域の特定のポイントに施灸します。神経を養う血管の血流を改善することを目標に治療します。


  痛みが強い場合は鎮痛を目的に手背部等へ通電する治療も行なっております。

 

4)鍼灸の適応
  原因不明のものや椎間板ヘルニアによるものは改善するケースが多いです。


  三叉神経痛で激痛を呈するもの(神経ブロックでもあまり改善しないもの)は頭蓋内の血管の圧迫による可能性が高く、適応外となります。