施術方針

体質改善に重点を置いています

表面に現われている症状ー痛み(腰痛・神経痛など)・機能障害(運動制限・麻痺)には原因があります。脾虚証(筋肉の支持力が弱い)・痰飲(むくみやすい) ・お血証(血行が悪い)などがあげられます。 

  

脾虚証・痰飲・お血証などの体質改善をし、病気になりにくい体質作りをめざします。

 

整形外科以外の疾患も施術の対象です

鍼灸は整形外科(腰痛・膝関節症・頸腕症候群・五十肩など)や疼痛性疾患に有効 であるというイメージが強いようです。

 

実は、内科・耳鼻科・眼科・婦人科などの疾患にもかなりの効果を発揮します。

詳細は適応症の所を参照下さい。

 

生活習慣(食事・運動・ライフスタイル)の改善についてのアドバイスをしています

病気の原因が、食事・ライフスタイルにある場合は、食事・ライフスタイルのありかたについて、アドバイスをしております。


鍼灸以外に運動療法などを取り入れた方が良い場合には、運動の仕方の指導をしております。