頚腕症候群の原因と治療

1)頚腕症候群とは
 頚部から上肢にかけての痛み・しびれをきたす疾患の総称です。変形性頚椎症・胸郭出口症候群などが原因疾患となります。

 

2)頚腕症候群の原因
 @変形性頚椎症−加齢による頚椎の変形・椎間板の変性などにより、上肢へ行く神経が圧迫されて起こります。


 A胸郭出口症候群−首にある斜角筋・小胸筋の過緊張により、上肢へ行く神経・血管が圧迫されて起こります。斜角筋の過緊張は精神ストレス・喘息などで起こります。小胸筋の

    過緊張は黒板に字を書く様な動作・長時間の運転などで起こります。

 

3)頚腕症候群の治療
 @斜角筋・小胸筋の筋緊張緩和
 A上肢の血流障害の改善
 B頚部の支持力の改善
 などを中心に行ないます。