更年期障害(女性)

◇こんな症状がありませんか?

急に体が熱くなる

突然汗が出る

睡眠の質が低下した

関節が痛みやすくなった

疲れやすい

  

もし上記症状がある方は読み進めて下さい。

 

1)更年期障害の症状
 更年期とは40歳後半から50歳前半くらいまでの時期になります。
  更年期障害によって起こる症状は以下の様に多彩です。

 

  @血管運動神経系の症状−のぼせ、ほてり、動悸、発汗、手足の冷えなど

 A知覚・運動神経系の症状−手足のしびれ・痛み、腰痛、頭痛、肩こりなど

 B精神神経系の症状−イライラ、焦燥感、めまい、ゆううつ感、不眠、疲労感など


2)更年期障害の原因
 40歳後半から50歳前半位に女性ホルモンの減少が起こります。

 ホルモンの中枢である間脳ではホルモンを出すように指令しますが、指令通りにホルモンが出ない状態が続きます。

 間脳は自律神経の中枢でもあるので自律神経失調症が起こり、様々な症状が出現します。

 

3)更年期障害の施術

 現代医学では一般的にホルモン補充療法(エストロゲンプロゲステロン)を行なっています。

 ホルモン補充療法は効果的である反面、発癌(乳癌・子宮癌)のリスクが高まることが問題点です。

  更年期以降は性ホルモンが全く出なくなるわけではなく、副腎から代償的に分泌されることが解明されています。

 鍼灸は副腎の働きを活性化することにより、本来体が持っている代償機能働きかける事を目的に行ないます。

鍼灸は特に副作用がないと考えられています。

 更年期障害は東洋医学的にはお血証(血液の循環が悪く、うっ滞している状態)になっている場合がかなり多いです。

 したがって、お血に対する施術を行ないます。それ以外には以下の様な施術を行ないます。

 

のぼせ・ほてりなど―熱証に対する施術と上衝(気が上にあがっている状態)に対する施術を行ないます。鍼を中心に行ないます。

 

足・腹部の冷え―寒証に対する施術を行ないます。 温灸などを中心に行ないます。

 

頭痛・肩こり―首の筋肉の緊張に対するアプローチと、上衝(気が上にあがること)に対する施術を行ないます。

 

不眠―体全体の緊張を緩和したり、精神的にリラックス効果のあるツボを選んで施術を行ないます。

 

動悸―心臓の反射が現れる上背部や胸部の筋肉の緊張を緩和したり、交感神経の興奮を鎮静する施術を行ないます。

 

腰痛−背骨を支えている筋肉の働きを活性化したり、過緊張を緩和したりしていきます。

 

めまい―内耳の血流に対して働き掛けるツボを中心に施術していきます。

 

イライラ―体全体の緊張を緩和したり、精神的にリラックス効果のあるツボを選んで施術を行ないます。

 

ゆううつ感・疲労感―元気を回復する施術をします。


(注 但し効果効能には個人差があります)

 

4)自由が丘ムトウ針灸院での更年期障害の施術3つのポイント

1)お血証へのアプローチ

 更年期障害ではお血証になっていることが多く、その原因の一つとして閉経が挙げられます。

 お血証になっている場合は便秘の施術も合わせていきます。

 

2)上衝(気が上にあがっていること)へのアプローチ

 更年期障害では気が上にあがっているため、頭痛・不眠・のぼせ・ほてりなどが起こりやすいのです。

 これの症状に対し、上衝に対する施術を行います。。


 (注 但し効果効能には個人差があります)


3)寒熱の調整

 更年期障害では冷え(寒)とのぼせ(熱)が混在しており、この調整が重要です。

 寒熱の調整により身体の不快感の減少や気分の回復を目指します。 


 (注 但し効果効能には個人差があります)


◇患者様の声

 

のぼせがなおり、すっきりしました M・T様 50代女性

50才前後から色々な症状が出るようになりました。最初は冷えや冷房が苦手になり、気温差で気分が悪くなったり、冷たい水を飲んで下痢をしたり、という胃腸障害から始まりました。そのうちにめまいや、のぼせ、突然汗をかいたりするようになり、それが続いていました。

そうしているうちに突然顔面麻痺になり、薬の処方だけではあまり良くならなかったため武藤先生にお世話になることになりました。

始めは短い間隔で通い、2〜3か月で顔面麻痺はよくなったので、その後更に全身治療としてそれまであった更年期の症状を施術してもらうようになりました。

お灸でお腹が温まり、鍼でのぼせやボーっとするのもスッキリするようになり、食べるものを注意したりしつつ、仕事も続けることができました。最近は夏の気温差や湿度にも強くなりました。

 

注 患者様の声はお客様個人の感想であり、効果効能を保証するものではありません。 

 

頭痛・湿疹・バネ指が良くなりました T・S様 50代女性 

武藤先生の治療院には最初、頭痛で通院し始めました。

通院前は目の奥から重くなるような頭痛で、毎月1週間寝込むほどだったのが、週に1回通ううちにいつのまにか無くなり、気が付いたらほとんど出なくなっていました。

また、花粉の時期や秋になると顔に皮膚炎ができ、赤くかゆくなってしまっていたものも、武藤先生のその後の施術で今は気にならなくなりました。

更に日常生活を送るなかでなってしまったばね指も、施術を開始してからは、物を持ちにくかったり引っかかってしまったり不便だったものがよくなりました。

現在は、頚や肩から背部のこり、皮膚炎の予防など、その時々の不調のメンテナンスをしつつ、予防医学として2週間に1回ほどの頻度で通っています。

 

注 患者様の声はお客様個人の感想であり、効果効能を保証するものではありません。 

 

頭痛・不眠がなくなりました  T・H様 50代女性

40代半ばからめまいや胸苦しい感じ、毎日の頭痛、寝付きの悪さ、寝ても何度も目が覚めてしまったりと、全身ボロボロでした。マッサージや他の鍼灸院など色々通ってみていたのですがあまり合わなく、こちらにたどり着きました。

最初に武藤先生に施術していただいた時は、即効性がありスッと楽になりました。それから最初は1週間に2回通いました。

通い始めてからはそれまで頭に血が詰まったような感じでボーっとしていて、毎日頭痛薬を使っていたひどい頭痛が無くなっていきました。次に、胸が詰まるような苦しさが無くなり、自律神経の乱れのような症状が無くなり、そのうちに寝付きが良くなっていき、夜中も目が覚めなくなっていきました。

通い始めた頃は、次の治療までに症状が出てくる感じがあったのですが、1週間、10日ともつようになり、治療効果の出方もよくなり、今は頚のこりや歩きすぎたときの股関節痛、五十肩などその時々の症状もすぐによくなるので、10日に1回ほどで通っています。

更に自己治癒力や色々なことへの抵抗力が上がり、底上げされたような、体調を崩してもその底が浅くなったように感じています。今は大きな不調なく、元気です、と言えるようになりました。

 

 注 患者様の声はお客様個人の感想であり、効果効能を保証するものではありません。

 

不眠と昼間の眠気がなくなりました S・M様 50代女性

腰痛や肩こり、全身のつらさで定期的にマッサージに通っていましたが、その時しか良くならず、そのうちにめまいもしてきました。

眠りも浅く、何度も目が覚めてしまい、逆に昼間にどうしようもなく眠くなり、仕事に支障をきたすほどでした。

婦人科系かと思い自分で調べて婦人科に掛かり、レンドルミンを出してもらったりしましたがあまり効かず、ホームページを見て来院しました。

先生には元気が不足していると言われ、体質改善のため3カ月〜半年を目安に通いはじめました。

時間はかかりましたが、目に見えて変わる、というよりは、気が付いたら気にならなくなっていた、という感じで、通って半年くらいで眠りも、仕事中の眠気も気にならなくなっていました。

今は2週間に一回くらいで通っていますが、腰や肩もマッサージに行かなくても気にならなくなり、階段の上りも楽になったり、元気になったと思います。

周りの人にも鍼灸をお勧めしていて、花粉症が軽く済んだ、などいい声をいただいてます。

 

注 お客様個人の感想であり、効果効能を保証するものではありません。