生理痛の原因と治療

1)生理痛の原因
 子宮の過収縮と子宮の血流減少によると考えられています。


 続発性のものとしては、子宮筋腫・子宮内膜症などの疾患が考えられます。
 特に過多月経を伴う場合は上記疾患の可能性があるので婦人科での検査をお勧めします。

 

2)生理痛の治療
 子宮頸部の緊張を緩和する目的で、三陰交などへ治療します。

 

3)月経に伴う症状に対する治療
 めまい−月経中に脳貧血様の症状を呈することがありますが、中都などを使って治療します。
 

  浮腫−月経前にむくみが出現する場合には水分・次など利尿作用のある経穴を使って治療します。