腰痛の原因と治療

1)椎間板ヘルニア
 脊柱を構成している骨と骨の間にある椎間板の中の髄核が出て周囲の組織や脊髄神経を圧迫する疾患です。

 

 症状
 腰痛・下肢痛が主な症状です。下肢の運動麻痺が出現することもあります。椎間板ヘルニアに 特徴的な症状としては咳・くしゃみ・笑うなど力む動作で痛みが増悪することです。


 原因 
  重い物を持ったり、激しいスポーツなどで起こりますが、起こりやすいタイプとしては

  @脊柱を支える筋肉の支持力が弱い。
  A胃腸が弱い(下痢をし易い)。
 という特徴があり、このタイプを東洋医学では脾虚証と言います。


 治療
  脾虚症を治すことで椎間板ヘルニアが起こりにくくなります。
  脾虚証に対しては地機・脾兪・足三里などの経穴を使います。更に、ヘルニアを起こしている部位への血流改善を目的に腰部へ刺鍼したり、鎮痛効果のある経穴へ鍼をします。

 

2)変形性脊椎症
 腰部の骨が変形し、周囲の組織や脊髄神経を圧迫する疾患です。

 

 症状 

  腰痛は動き出しに出現し易く、少し動くと楽になるのが特徴です。

 

 原因
 加齢によるものと考えられています。椎間板の変性により骨の変形・椎間関節症などがみられます。


 治療
 骨が変形していると聞くと絶対に治らないようなイメージがありますが、痛みや不快感は鍼灸治療をすると改善します。治療方針は変形を起こしている骨周囲の血流を改善することと、脊柱の支持力を高めることの2点です。椎間関節周囲へ鍼をしたり、上記の脾虚症を改善する治療を行います。

 

3)筋性の腰痛
 筋筋膜性腰痛・姿勢性腰痛など筋肉が原因の腰痛です。

 

 症状
 筋筋膜性腰痛では動作時に痛みが増悪します。自発痛がある場合もあります。
 姿勢性腰痛では、座位持続など同一姿勢を続けると痛みが出現する傾向があります。


 原因
 脊柱の支持力低下・不良姿勢・腰部への過重負荷などが原因です。筋の持続的緊張・循環障害が原因で痛みを起こしています。

 

 治療
 筋肉の緊張を緩和・血流改善・鎮痛を目的に治療します。一般的には一番治りやすい腰痛です。 しかし、極端な脾虚症(虚弱体質者)では治療に時間がかかります。

 

4)腰部脊柱管狭窄症

 脊髄は背骨の中(脊柱管)を通っていますが、脊柱管が狭くなり、馬尾神経や神経根が圧迫される疾患です。

 

 症状
 腰痛・下肢痛・下肢のしびれがみられます。この疾患の特徴は、歩行を続けると殿部や下肢にしびれが出現し、前かがみで休むと改善することです。排尿障害・排便障害が現れることもあります。


 原因
 脊柱管の狭窄(先天性)・すべり症・椎間板ヘルニア・変形性脊椎症などが原因で神経根や馬尾を圧迫する疾患です。


 治療
 椎間関節・膀胱経1行・下肢などの経穴を使って治療します。


 予後
 腰部脊柱管狭窄症の中で一部は適応となります。一般的に神経根型は治りが良い傾向にあり、馬尾型は難治の傾向が見られます。